顎口虫について

顎口虫(がくこうちゅう)は寄生虫です。
顎口虫って聞いたことありますか?主に川魚とかに寄生してそれを生で食べたりすると顎口虫症を発症する可能性があります。
人の体内に入った顎口虫は体内を移動するので、切開手術で取り除く治療法が取られます。
薬を内服する治療もありますが、摘出ほど確実ではありません。
顎口虫が脳や眼球に侵入すると危険です。
生で食べないことが感染を防ぐことになるので、生食は絶対に避けましょう。
ちなみに冷凍した場合。-20℃でも5日くらい生きるそうです。それくらい丈夫な寄生虫なので体内に入られたらと思うとゾッとします。
日本でも症例があるので気をつけてください。
ライギョやブラックバスにもよく寄生していますが、生で食べようと思う人はあまりいないと思いますけど。
どうしても食べたい方はしっかり加熱する調理で食すしかないですね。