実家からでてから変わった

実家にいるころには、母が用意したパンツを履かされていた。ガラの入ったものが多かったが、自分はボクシングをやっていた事もあり、ボクサーパンツが欲しかった。最近では100円ショップにもかなりいい素材で安く手に入るということで、実家をでてからこうしたパンツを好んで履いている。100円と思ってあなどってはいけなく、かなり良く出来ていると思います。確かに昔は、すぐゴムが伸びるものもあったが、かなりメーカーも改良をかさねて随分と商品としては完成度の高い品だと思います。
100円という事もあって買いやすいというのはあるんですが、私だけなのか女性店員相手だと若干恥ずかしい部分があります。なんとなくですが、母親ぐらいの女性だと自分の母親が綺麗に畳んで入れているように思える時があります。100円ショップで他のものと一緒に買えるというのは結構便利な商品ともなったようには思います。最近100円ではなく200円のボクサーパンツがでてきました。
価格が倍になっているわけですが、どのように違いがあるのかわかりません。見た目がそんなに変わりがありませんが、普通に100円のを買ってしまいます。しかしよく見ると結構買っている人がいるので、パンツくらいはやや高いのを選んでいるのか?小さい贅沢をしたいのか?と思いますが、しまむらとかでもこうしたパンツ売ってますが、600円くらいして高いやつです。この値段の違いは一体どう違うんだろうと何気に思います。
とはいえ今は1枚3000円くらいする増大パンツをはいているので、パンツは用途に合わせて変えていけばよいです。
増大パンツについて詳しくはこちらのブログを参考にしてください。