交通事故後の後処理がとても大変

他にも神社の境内で望ましい内容の夢を見た内容は誰にも言っていない。
夢の内容を口にしたらとても恐ろしいことが起こりそうだからだ最近になって俺はこれは夢じゃなく記憶なんじゃないかと思い始めている。
これは私が中学1年生の時の夏休みの出来事ですいつもは両親と姉と一緒に田舎の親戚宅英数字止まっていましたがその年は姉が交通事故にあったため母が世話で残り父と私だけで向かいました。
親戚宅に着いた後は挨拶もそこそこに反抗期なのもあって父や他の親戚と一緒にいることが何となく嫌で夕食の時間まで一人で家の近くを散歩していました。
小学生の頃から毎年来ているのでだいたい近所のことは分かりますが田舎へ帰るとなぜかいつも大人たちから子供は神社へ絶対行かないようにと言われているのを思い出しました