ナイフを魔除けとして使っている人もいる

親父に聞いた話ですが当時のオヤジの趣味は渓流釣りでたまたまは山中で知り合ったマタギを生業にしていた。
A さんに教えていただいたそうです。
A さんは当時群馬県の利根川を7から20日ぐらいかけて野宿をしながら鮎やマスなどを下流から上流へと釣り登り民宿などへ降ろしていたそうです。
そんな A さんが何度か経験した怖いお話です。
いつものようにポイントを変えるために山中を歩いているとその人の表現山が笑うんで静かだった山中が急にザワザワと騒がしくなり四方八方から視線を感じる時があるそうです。
そしてそういう時は必ず決まった行動をしたようです。
釣った川魚を腐敗防止のためにさばきながらザックに入れていたそうですが捌きに使用するナイフをザックの口部分に葉が真上に向くように固定して歩き続けたそうです。
すると不思議と笑いが収まったのだそうです。
A さんとは一度だけ会ったことがあります。
私が の時親父に初めて釣りに連れて行ってもらった時です 。
A 3の用紙は全く記憶にないのですが釣り上げたその場で焼いてくれた鮎の塩焼きの味だけははっきりと覚えています。ただし、グレースアカデミーの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、とっても美味しい鮎でした。
よく山が笑うを経験しています。
仕事でよく山に入るのですが今でもよく経験します。
私の場合は普段あなたを腰の後ろに吊るしているのですがそれが水平になるように付け替えます。
これは地元のもとへ臨床勤めの牢屋から聞いて実践しているおまじないみたいなものです。