auのスマートフォン

auはスマートフォンの市場においては、ソフトバンクやNTTドコモと比べると若干出遅れた感を否めません。当初auではスマートフォンの市場参入には熱心ではなかった印象がありますが、現在はかなり力を入れているように思われます。
auの携帯は他社とは異なった方向性で独自性を出し、これにより人気商品が生まれてきていますので、今後も楽しみであることは間違いありません。
auのスマートフォンには国内メーカーの機種が多いことに特徴があります。これは日本国内独自のサービスにも対応したスマートフォンが多いことを意味しています。おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などのサービスは日本国内独自で発達した携帯電話のサービスです。発売当初のスマートフォンではこれらのサービスには対応することが出来ていませんでした。これが一般消費者たちの不満につながり、スマートフォンの普及の遅れの原因になっていました。中にはスマートフォンの利便性を重視するがためにスマートフォンと従来型携帯の二台持ちをする方も多かったようです。auはスマートフォン市場では後発であったがゆえにこれらの不満に対応することが容易でした。ワンセグ、おサイフケータイなどのサービスもスマートフォンにいち早く取り入れています。
また無料通話とメッセージ機能で知られる「Skype」や、ソーシャルアドレス帳の「jibe」のサービスも提供されており、やはりその独自性が好評を得ているようです。